footerbannerKU.gif

令和2年度 地域人材育成
プラットフォーム

成果報告会

Research Report Meeting 2020

201223版_地域人材育成報告会チラシ (1)-page-001.jpg

January 20, 2021

ONLINE EVENT

参加方法

Zoom解説のダウンロードと事前準備  

このページの下部に、Zoom解説を用意しました。接続する端末の解説をダウンロードし、事前準備をお願いします。

ポスターセッションはコミュニケーション主体です
今回の報告会ではポスターセッションの形式をとります。発表者が学術ポスターを用意し、ポスターを基に参加者とディスカッションをしながら理解を深めていく発表形式です。参加者の皆様は、興味のあるポスター(今回はブレイクアウトルーム)に参加し、他の参加者と共に発表者との討論を進めてください。

なお、ポスターセッションでは全てのポスターを回る義務はありません。

1分間プレゼンテーションを参考に
ポスターセッションは時間が定められています。どのポスター(ブレイクアウトルーム)を回るのか、迷われるかもしれません。今回の報告会では、ポスターセッションに先立ち1分間プレゼンテーションを用意しました。

参加するポスターの選択に活用して下さい。

前にポスターPDFファイルのダウンロードを
Zoomでポスターセッションを実現させるにあたり、参加者の皆様には事前に

ポスターPDFファイルのダウンロードをお願いします。できれば事前にお目通しください。Zoomの共有画面ではポスターの表示に限界があるためです。

報告会当日は12時30分からZoomを開始します。接続等に不安のある方は、早めの接続をお願いします。運営スタッフが待機しています。

Glass Buildings

about the event

9学部を擁する鹿児島大学は、総合大学としての強みを学部横断的教育プログラムにも活用しています。総合教育機構が提供する地域人材育成プラットフォームがそれであり、「かごしまキャリア教育プログラム」、「かごしま地域リサーチ・プログラム」、「かごしまグローバル教育プログラム」が走っています。全学部学生が対象者で、学部の垣根を越えてなされる教育が特徴です。

 

同プラットフォームは「基礎」と「実践」に分かれています。基礎のみの修了も可能です。第2回となる今回の成果報告会では、実践をも学び終えた9名の学生が発表します。インターンシップ、リサーチ活動、あるいは留学にあたって大いに制約があったものの、困難を乗り越えて修了を成し遂げた9名となります。

 

本年度の報告会では、プラットフォーム修了生ではないものの、課題解決型インターンシップのみに参加した学生の報告も組み込んでいます。

 

昨年度の報告会同様、本年度も進取の精神溢れる発表の場となります。地域の皆様、また大学等教育関係者の参加を期待致します。

 

なお、新型コロナウイルス感染症のリスクを避けるため、Zoomでの開催となります。参加者の皆様には、参加のための事前登録を行っていただく他、アクセスするPCに最新のZoomソフトウェアのインストールをお願い致します。

 

学長補佐(地域人材育成プラットフォーム担当) 大前慶和

 

Schedule

January 20

12:30

Zoom Meeting 開催

13:30

開会挨拶 
Zoom インストラクション

13:40

1 分間プレゼンテーション

14:00

かごしま課題解決型 IS 参加者発表

休憩

14:40

プログラム修了予定者発表

休憩

15:40

受賞者発表 全体講評

16:00

終了
 

The Venue

Korimoto Campus,
Kagoshima University

Zoomマニュアル

​以下の画像をクリックするとファイルが開けます

01

20

100

DAY
SPEAKERS
PARTICIPANTS

Our Partners

Useful Links